片岡リサ
〜Lisa Kataoka〜

“若手箏奏者”として初めて「出光音楽賞」を受賞、邦楽と洋楽のクロスオーバー奏者!

大阪音楽大学卒業、同大学専攻科修了。幼少より箏・三絃を始め、1989年 日箏連全国箏曲コンクール児童の部第1位・朝日新聞社賞受賞。1990年 宮城道雄記念コンクール児童の部第1位受賞。1993年 日箏連全国箏曲コンクール一般の部第1位・大阪府知事賞受賞。1998年 宮城道雄記念コンクール一般の部第1位受賞。

大学在学中に飯森範親指揮/オペラハウス管弦楽団と協演し、2000年には「京都・国際音楽学生フェスティバル2000」に日本代表として選抜出演する。20歳の時に初ソロリサイタルを大阪・いずみホールで行い、好評により以後4回続ける。第3回目のリサイタルにおいて、平成13年度文化庁芸術祭<音楽部門>新人賞を、洋楽邦楽問わず史上最年少で受賞するなど、伝統音楽の枠を超えた音楽性が、様々なジャンルで高く評価されている。

花博「コスモス国際賞」受賞式典において皇太子殿下御前演奏。平成11年度 大阪府舞台芸術奨励新人に選出。平成13年度 文化庁新進芸術家国内研修員として研鑽を積む。平成14年度 大阪舞台芸術奨励賞を受賞。2007年「文化庁国際文化フォーラム」において、秋篠宮殿下・妃殿下御前演奏。2010年 箏奏者として初めての出演である東京オペラシティ主催「B→C」公演の成果により平成22年度 大阪文化祭賞を受賞。また、2011年には初めての若手箏奏者による受賞となった第21回 出光音楽賞を受賞。

2007年3月には大阪フィルハーモニー交響楽団と世界初演の新作を協演、好評を博す。その他にも、『Disney on CLASSIC』の初公演においてディズニーの名曲を東京フィル・大阪センチュリー響と共演するなど多くのオーケストラと協演、洋楽器とのアンサンブルや現代作品にも力を入れている。

また「歌」にも定評があり、箏曲の古典「地歌」だけでなくベルカント唱法での弾き歌いも行い、関西歌劇団のオペラ公演にも出演している。国際交流基金の派遣による大洋州コンサートツアーをはじめ、海外での演奏も数多く、現地メディアからも高い評価を得ている。

学問の観点からも音楽を学び、2015年大阪大学大学院文学研究科(音楽学)修了、現在博士後期課程在学中。専門は日韓伝統音楽比較。
大阪音楽大学、同志社女子大学、兵庫教育大学講師、宮城社師範。

Copyright (C)risakoto-NET All Rights Reserved